テーマ

郊外大規模賃貸住宅団地における

ストックを活用した持続的集住環境への再編

趣旨

 昭和40年代を中心に、急速に増加する大都市圏の住宅需要に応えるため、多くの公的賃貸集合住宅団地が建設されました。早期の大量供給という社会的な命題に応えるため、標準設計をベースにした団地形成手法で建設が進められ、その結果、郊外の団地も都心の団地も、同じスタイル、同じ仕組みで建っています。現在、そうしてできた郊外縁辺部の賃貸住宅団地は、空き住戸を多く抱え、高齢化や、コミュニティの弱体化などの問題とあいまって、団地だけでなく、地域としての将来像を描きにくい状態になっています。このような問題を解決し、将来的に持続可能な集住環境に再生・更新してくために、「空間」、「制度」、「暮らし」の多面的な視点から、団地そのものの再編が必要だと考えます。

 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「集合住宅“団地”の再編(再生、更新)手法に関する技術開発研究(平成23-27年度)」プロジェクト(=関西大学KSDP団地再編プロジェクト)では、社会情勢の変化に伴い人口減少の様相を呈している、大都市郊外のさらに縁辺部に位置するニュータウンの大規模賃貸集合住宅団地を提案の舞台として、現在の建物ストックを極力利用しながら、「団地全体の仕組みの再編、その結果としての空間の再編、新たな暮らしの提案」をテーマとした団地再編に対するアイデアを募集します。応募頂いたすべての提案をとりまとめ、本プロジェクトからの提案と併せ、社会・自治体・事業主体等に公表し、団地の抱える問題に対して議論を深め、新たな展開を促進する一助にしていきたいと考えています。

 本コンペの具体的な対象地は、大阪府河内長野市にあるUR南花台団地(以下、南花台団地)です。河内長野市は、大阪のベッドタウンとして開発が進み、多数の小規模なニュータウンが様々な事業主体により開発されました。南花台地区は、賃貸集合住宅団地(南花台団地)を中心に戸建て住宅も多く建つニュータウンで、背景には豊かな自然にも恵まれ、新たな再編提案の舞台としてふさわしい場所だと考えています。賃貸集合住宅団地の仕組みと空間を再編することにより、団地のみならず地域が居住者主体の豊かで安心安全な集住環境、持続可能な集住環境となることが望まれます。それを実現する手法とその結果としての空間イメージを提案してください。現代社会が抱える喫緊の課題に対して、新たな局面を開拓する斬新で大胆な提案を期待しています。

コンペ名称

 「団地再編COMPETITION 2013」

対象敷地

UR南花台団地(大阪府河内長野市南花台3丁目)

※ただし、特定の街区を選定する等、提案の範囲は応募者により設定可。

 リンク:UR都市機構 ホームページ(南花台団地)  リンク:地図

 

 【注意】

現地視察の際、写真撮影など行う場合は居住者の生活、プライバシーに十分な配慮をお願いします。

提案内容

 屋外空間、住棟、住戸からなる空間デザイン、専用・共用の考え方、管理・運営・経営の方法など、賃貸集合住宅団地トータルのあり方に対する自由な提案と、それを実現する手法、その結果生まれる新しい風景イメージ。

応募資格

特に問いません。

個人・グループでの応募も可。

審査と結果の公表

 2段階の審査形式とし、一次審査では応募者からの提案図面を基にした審査、二次審査では一次審査を通過した上位数組の応募者による公開プレゼンテーション審査を行います。団地再編にふさわしい提案であると審査員が評価した応募作品を表彰します。同時に、すべての応募作品を展示公開します。

 本コンペの成果として、公開シンポジウムを開催するほか、すべての応募者からの応募作品を作品集としてとりまとめ、広く一般および公的賃貸集合住宅団地の事業主体に公表・提案します。なお、主催者であるKSDP団地再編プロジェクトチームも参考提案を行い、併せて、広く議論を展開していきます。

 

【表彰】

最優秀賞

河内長野市長賞

優秀賞(複数点)

 

【結果の公表】 

○作品集への掲載(全応募作品)

 全応募作品を掲載した作品集を作成し、UR都市機構、自治体、住宅供給公社等の公的賃貸集合住宅団地の事業主体に配布、提案します。

 ※一次審査通過の応募者には、1冊を進呈予定です。

 ※その他、一般の希望者には印刷実費で頒布します。

 

○シンポジウム

シンポジウム、展覧会等の開催(大阪、東京)を予定。

※詳細が決定次第、本コンペWebサイト上で発表

 

○本コンペWebサイトでの全応募作品掲載

スケジュール

○応募登録開始  2013111日(金)

     締切  20131225日(水)12:00

 

○質疑受付締切  20131129日(金)17:00

 ※質疑は、本コンペWebサイト上の「質疑・問い合わせ」においてのみ受付

 

○作品提出締切  2014228日(金)17:00 必着

送付先

564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学 先端科学技術推進機構 団地再編プロジェクト

※郵送または宅配便に限る。持参・バイク便等の受付けはしません。

 

○一次審査結果発表  20143月下旬

※本コンペWebサイト上で発表

 

○二次公開審査 及び 全作品展示会  2014525日(日)展示11:00~、公開審査13:00~(予定)

於:河内長野市立市民交流センター/河内長野市昭栄町7-1

一次審査通過者には別途直接連絡するとともに、二次審査会場までの往復交通費(実費、一名分)を支給します。

 

○懇親会  2014年5月25日(日) 公開審査会終了後

 

○二次審査の結果発表  2014525日(日)

公開審査会場 及び 本コンペのWebサイト上で発表

 

シンポジウム、展示等の開催

公的賃貸集合住宅団地に関係する事業主体、及び一般向けにシンポジウム・展覧会等の開催を予定。

大阪、東京で開催予定。

※優秀作品の提案者は、上記シンポジウムにおいて招待講演を予定。

(講演にかかる謝礼、交通費(実費)を支給します。)

 

提出物

 【本コンペWebサイトの所定フォーマットを必ずダウンロードしてください。】

①   概要説明書

提案内容の要旨を文章のみにて、所定のフォーマット[A4判(縦使い)]2枚以内に記述のこと。

※②提案図面の裏面に貼付のこと。

 

②   提案図面

サイズ指定:A1パネル縦使い2枚

※A1パネルは、7mm厚ハレパネ(両面紙貼り)を使用のこと。

※登録後にメールにて連絡する登録番号を、所定の位置に記載のこと。

※①概要説明書をパネル裏面の所定の位置に貼付のこと。

※図面は、提案内容がわかるように、自由にレイアウトすること。すべての街区を対象としなくても良い。

 

③ デジタルデータ

登録番号をファイル名とし、①、②のPDFデータ(計30MB以内)を収めたCD-R 1枚を同封すること。

※ファイル名は、概要説明書データは「登録番号abst.pdf(例:001abst.pdf)」、提案図面データは「登録番号panel.pdf(例:001panel.pdf)」とすること。

提出先

〒564-8680

大阪府吹田市山手町3丁目3-35

関西大学 先端科学技術推進機構  団地再編プロジェクト

e-mail : danchi-competition★outlook.jp (★を@に変えてください)

Tel:06-6368-1111 (内線6720)

※緊急の場合を除き、問い合わせは原則Eメールでのみ受け付けます。

審査員

〇一次審査

 江川直樹 関西大学教授、KSDP代表

 岡絵理子 関西大学准教授、KSDP

 安原 秀 OLAの会、元ヘキサ、KSDP

 三谷幸司 三谷都市建築設計室、KSDP

 井上洋司 株式会社 背景計画研究所、ランドスケープデザイナー、KSDP

 飯田善彦 株式会社 飯田善彦建築工房、元横浜国立大学YGS-A教授、

 忽那裕樹 株式会社 E-DESIGN、ランドスケープデザイナー

 角野幸博 関西学院大学教授

 三橋 弘 河内長野市 環境共生部

 

〇二次審査

 江川直樹 前掲

 鳴海邦碩 関西大学客員教授、大阪大学名誉教授、KSDP

 星田逸郎 株式会社 星田逸郎空間都市研究所、KSDP

 飯田善彦 前掲

 忽那裕樹 前掲

 角野幸博 前掲

 芝田啓冶 河内長野市長

 

その他

1.       応募作品は、オリジナルの未発表作品に限ります。

2.       本コンペの応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、応募作品の発表に関する権利は主催者が保有します。

3.       主催者が行う応募作品の公表について使用料等は請求できません。

4.       応募作品は返却しないので、必要な場合はあらかじめ複製をしてください。

5.       同一作品の他設計競技との二重応募はできません。

6.       応募作品の一部あるいは全体が他者の著作権を侵害するものであってはならない。

   また、雑誌や書籍、Webなど著作物から複写した画像は使用しないこと。

   著作権侵害の恐れがある場合は、主催者判断により入賞を取り消すことがあります。

7.       入賞後の応募者による応募登録内容の変更は受付けできません。

8.       本要綱に掲載した内容の変更、その他追加指示等の情報に関しては、

   本コンペWebサイトへの掲載をもって応募対象者への連絡とみなしますのでご注意ください。